腰痛はなぜ?原因としくみ

 
腰痛改善古澤式
多くの現代人が悩んでいる腰痛。程度・症状は様々ですが、ほとんどの人が、一生に一度は、腰痛を経験するのでは!

腰痛の原因


腰痛には、ぎっくり腰のように突然おこる急性腰痛症と繰り返し起きるしつこい慢性腰痛症のふたつに大別されますが、まれに内臓の疾患が原因で腰に痛みが出るケースもあるので注意が必要です。
近年ではそれだけではなく、精神的ストレスで腰痛が起こるケースがあるようです

姿勢が原因の腰痛


体を酷使する肉体労働でも、長時間座り続けるデスクワークでも、腰痛になることがあります。体にとって良くない姿勢を取り続けてしまうと、腰に悪い刺激が入り、腰を支える筋肉の力が弱まってきて、椎間板の水分が減少し、後々、そこに亀裂が入るといった変化が起こる可能性も!

運動不足が原因の腰痛


腰を酷使しなくても腰痛にはなります。腰痛の人は、腰を支えるための複数の筋肉が、緊張して硬くなっていることが多いようです。腰周りをほぐすような運動をせずに、筋肉の硬くなり始めを放置しておくと、ちょっとストレッチをしたくらいでは、腰痛の程度が侵攻される可能性があります。

精神的な緊張による腰痛は意外と多い?


精神的な負担を余儀なくされながら、荷物を抱える作業などを行っている時、腰背部の筋肉へかかる負担は、精神的負担がない時よりも、かなり増加すると言われています。腰痛の痛みに耐えたり、腰の心配をして不安になったるすることで、余計にストレスが増してしまい、腰痛が慢性化してしまうこともあります。中には、うつ病と関連しているケースもあります

腰痛のきっかけは



  1.  長時間同じ姿勢を余儀なくされた時

  2.  ストレスがたまってイライラが続いた時

  3.  寒い場所にじっとしていた日を境に

  4.  重い荷物を持ち上げた瞬間

  5.  体重が急激に増えてから

  6.  その他



腰痛の起こるメカニズム


椎間板が飛び出してヘルニアになったり、脊柱管狭窄症のような神経を刺激する状態になると、腰痛や下肢痛、しびれなどを生じます
また、筋肉の疲労により、腰を支える筋肉の力が低下すると、血液循環も悪くなり、痛みを出す物質が産生され、筋肉の緊張も強まります。すると腰部の不快感や痛みが繰り返し起きるようになってしまうのです

腰痛を起こす代表的な症例


★腰椎椎間板ヘルニア
椎間板は、背骨を構成しているうちのひとつで、衝撃を吸収するクッション材の役割をしています。椎間板は、中央にゼリー状の髄核(ずいかく)がありますが、その部分が外に飛び出してしまうことをヘルニアと呼びます。

★腰部脊柱管狭窄症
背骨には脊髄神経が通るトンネル「脊柱管(せきちゅうかん)」があります。この脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されると歩くことで下肢への痛み、しびれ、脱力感が出てしまい、歩き続けることが困難になります。

★脊椎分離症・すべり症
脊椎分離症・すべり症は、4番目、5番目の腰椎にみられやすいです。腰部を構成している「腰椎」の一部が切れて分離した状態が分離症です。構造的に不安定になると、分離した部分の上の骨が、前に滑ってしまうことがあり、これをすべり症といいます。

★変形性脊椎症
変形性脊椎症では、主に加齢に伴って、背骨の関節や椎骨に骨棘(こつきょく)というトゲのような骨が増殖したり、椎間板の状態が悪く変化してしまったりといったことが見られます。骨棘は、50歳で80%以上の人にみられると言われています。

あなたの腰痛の原因とタイプは?



きびしいく耐えられない腰痛から改善したいと藁をもつかむ気持ち
で色々な改善方法を試してきたのでは?

腰痛改善古澤式

腰痛を改善するためには正しい方法と法則が必要となります。

腰痛改善古澤式

腰痛治療の第一人者である古澤 孝一郎が
今まで延べ30万人以上の腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛の患者を救ってきた

「高額な手術や面倒な通院なしで、自宅で腰痛を改善する方法」

があなたの腰痛を改善します。

腰痛改善古澤式


「高額な手術や面倒な通院なしで、自宅で腰痛を改善する方法」の作者 

古澤 孝一郎さんってどんな人?

 

 

 

インテリア・建築:エッチングガラスを企画・製作 バストアップ&ダイエット  心・うつ病からの解放と健康!  芸能事務所でも採用 バストアップ術 B-upガールズ 名古屋市議管 市議OBが委員だった!名古屋市議会の解散請求(リコール)に失敗した河村たかし市長の支援団体関係者がカンカンだ。怒りのホコ先は市選挙管理委員会。審査期間を1カ月間も延長し、無理やり署名の無効率をハネ上げたことが許せんというわけだ。今回の署名の無効率は異様だ。全国の解散署名の平均無効率(03〜06年)が9.4%なのに対し、名古屋のケースは実に24%と3倍近いからだ、選管が署名者に送った調査票に"ミソ"があります『請求代表者』と『わからない』を選ぶと有効、『受任者』と『請求代表者でも受任者でもない』を選ぶと無効です。しかし、一般の人は『請求代表者』なんて言葉になじみはないし、あやふやな『わからない』は無効になると考えがち。そこで『受任者』と答えて無効になった人が11万人中、約2万人もいたとみられるのです」調査票を作った市選管の委員は4人。うち3人が市議OBというから"身内"も同然である。